IPエイリアスの設定

ifconfigコマンド(eth0にエイリアスを設定する)
# ifconfig eth0:0 10.0.70.9 netmask 255.255.255.0

上記だけだと、マシンやネットワーク再起動すると消えてしまうので以下のファイルに設定を書き込んでおきます。

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0

ifcfg-eth0というファイルが存在すれば、それをコピーしてから編集すると良いかも。
RedHat系OSなら存在すると思います。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# cp ifcfg-eth0 ifcfg-eth0:0
# vi ifcfg-eth0:0

以下、内容です。

# cat /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:0
DEVICE=eth0:0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=10.0.70.255
HWADDR=00:15:C5:FB:7F:B7
IPADDR=10.0.70.9
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=10.0.70.0
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet

関連記事:

  • ありません
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*