ntpd起動時にntpdateを実行する

/etc/ntp/step-tickers
にNTPサーバーのホスト名を記載しとくだけ。べんりー。

関連記事:

  • ありません
カテゴリー: Linux, 技術っぽいこと タグ: ,

MySQLのSLAVEでエラーをスキップしたい

1) show slave status;
して、レプリケーションに由来するエラーが出て、レプリケーションが止まっているようだったら

2) set global sql_slave_skip_counter=1;
して

3) start slave;
するとOK。また1をやってみて他のエラーが出ているようだったら繰り返し。

関連記事:

カテゴリー: MySQL, 技術っぽいこと タグ: ,

my.cnfに書く文字コード設定

これもすぐ忘れちゃうので書いておく。

[client]
default-character-set = utf8

[mysqld]
character-set-server = utf8

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

関連記事:

  • ありません
カテゴリー: Linux, MySQL, 技術っぽいこと タグ: ,

Thunderbird/Firefoxでアドオンの互換性の確認を無効化する

もういちいちググるの面倒だから書いておこう。

about:configで以下のキーを追加
extensions.checkCompatibility.X.0 を真偽値で作成してfalseを設定

関連記事:

  • ありません
カテゴリー: 技術っぽいこと タグ: ,

Poderosa と OpenSSH の秘密鍵

検索したら自分が昔書いたblogが出てきた時の衝撃ったら。
http://blog.livedoor.jp/yaniman2000/archives/75156.html

いつか消えそうなので、転載しておこう。

————————————————————————————————–
「○○のサーバーにログインするのに必要なRSAの鍵です」
っていってメールでファイルを送ってもらった。

メールで良いのかよって話は置いておいて、
これをPoderosaで読み込んでも

「Wrong key format」

と言われてしまう。

調べてみたら、Puttyに付属のツールでPoderosaが読める形で
エクスポートしてあげれば良いらしい。

puttygen.exe起動⇒メニューの「Conversions」⇒「Import key」
⇒送られてきたファイルを指定⇒メニューの「Conversions」⇒
「Export ssh.com key」⇒「はい」⇒保存するファイルを指定

で完了。

以下のページを参考にさせて頂きました。
http://eto.com/d/Poderosa.html
————————————————————————————————–

関連記事:

  • ありません
カテゴリー: 技術っぽいこと