SNMP+RRDtool+cactiでサーバー監視(2)

前回でRRDtoolのインストールまで完了したので、次はcactiをインストールします。
ざっくりいうと、RRDtoolのデータ取得の設定ファイルをサクサク作ってくれて、更に表示インターフェースも提供してくれるのがcactiです。
MRTGをやっていたときは手作業でチクチクと設定ファイルを作っていたのですが、便利過ぎて涙が出ます。

さて、インストールです。
基本的には
・ソースをダウンロードしてDocumentRoot配下に設置
・cronを仕掛ける
の2点で完了です。

# useradd cacti
cronを動かすので、専用ユーザーを作成。

http://www.cacti.net/download_cacti.php
↑ここからダウンロード。
# wget http://www.cacti.net/downloads/cacti-0.8.7e.tar.gz
# tar xzf SRCS/cacti-0.8.7e.tar.gz
# ln -s cacti-0.8.7e /usr/local/cacti
※apacheのDocumentRoot下に追加。私はapacheのaliasを使うので、適当なところに設置してしまいます。

# mysql -p cacti < cacti.sql ※cactiの設定がMySQLかPostgreSQL上に保存可能です。今回はMySQLを使用。特権の設定/DBの作成は済ませておきます。

include/config.phpを、特権やDB名など適宜修正。

# chown -R root:root /usr/local/cacti
# chown -R cacti /usr/local/cacti/rra
# chown -R cacti /usr/local/cacti/log
※rraとlogというディレクトリのみ、cronを実行するユーザーが書き込めるよう権限を変更。

# crontab -e -u cacti
*/5 * * * * /usr/local/bin/php /usr/local/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1
※cronの設定。

ブラウザで設置したURLにアクセスすると、ログインパスワード、PATHなどを設定するウィザードが開始されますので適宜入力。
とりあえずこれでインストール完了です。
次はcacti上での設定をやっていきます。

関連記事:

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*